無憂樹
Ragnarok Online Tyr → Alvitr鯖で活動しているギルド「無憂樹の下で」に所属する一個人のメモページです。 注)固有名詞において一部敬称を省略させて頂きますことをご了承ください。
3/19 レポ
夏になると現れる日本縦断自転車少年に憧れる、ふしのんです。

仕事が忙しかったりで、遅くなりましたが今週のレポです。

今週は事前の準備などにいろいろあってあまり携わってませんでした。

で、今週の攻め先はV3のIt'sへにゃくろりん同盟です。

スタート前は他の同盟もいるような情報でしたがあまり見渡せずのスタートでした。



城主ギルドは戦力のほとんどを第一マップWPへ投入してのスタダ対策でした。

マスターだけエンペでEmC待機でしょうし、前回攻めたときと同じ感じですね。

おかげで最初にはいったら全力の魔法をくらってお亡くなりに・・・。

ということでおそらくスタダは成功しなかったと思います。

第三マップラストに集合すると、R&G stoic同盟?の皆さんが集まっておられました。

共闘しましょうと連絡するまでにお互いガンガン殴り合ってたようで・・・。

伝達足らずで殴り合うことは良くあるけど仕方ないかなぁ。

そこから2同盟で波状攻撃しかける形になります。

といってもお互いの突入がたまたま波状攻撃になっただけですけどね。

連続攻撃をすることで、城主もEmCのタイミングが取れないのか、

It'sの方はちらほら復帰に見えていたそうです。

次第にエンペルームも押していったようでエンペを割り合いになり、割り負けます。

割られてすぐに突入しますが、流れに乗って崩すことはできず、攻守変わった防衛ラインになります。

このあたりから攻め同盟の数が増えた気がしますが・・・数が多くてあまり覚えてなかったり。

こちらは先ほどと同じ攻めをしますが、R&G stoic同盟との突入に比べると

それぞれの同盟が単発で入る感じで数いてもあまり効果的ではなかったかな。

うちがWP前に何人かいたことで突入の邪魔になってたのでしたら申し訳ない・・・。

そんなわけでWP周りがごちゃごちゃしてきたため転戦しました。(と私は思ってます)



転戦先はL4の熊月同盟

攻め被りなしでしたが、時を同じくして板連もご一緒に。

ここはスムーズに共闘で挑みましたが、Vから来たこともあり重さがネックのようで・・。

20060319_01.jpg


数回突入したところで、再度転戦することになります。

再転戦先はV4で、私がついたころには制圧できてました。

派遣でV1へ向かいましたが、一度目の突入で崩せなかったこともあり、

二度目以降はあまり差し込めずに時間となりました。



感想

最初のR&G stoic同盟との突入はやりやすかったけど、

その後のいろんな同盟が第三ラストにひしめいている時は、お互いが不利益を被ってた気がします。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://muuju.blog9.fc2.com/tb.php/75-7d77c149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ふしのん

  • Author:ふしのん
  • ROはTyr → Alvitrサーバで活動中。
    ROには関係ない企画もたまにしてます。



カウンター



ブログにGoogleマップ


    ブログにGoogleマップ



Twitter

 



MyMiniCity(クリック用)

1クリックで救える命がある(謎
ふしのんシティを発展させる
 ・交通発展用
 ・工業発展用



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ROコンテンツについて

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。