無憂樹
Ragnarok Online Tyr → Alvitr鯖で活動しているギルド「無憂樹の下で」に所属する一個人のメモページです。 注)固有名詞において一部敬称を省略させて頂きますことをご了承ください。
2/12 レポ
消費期限が切れた食べ物は、色と香りで期間延長を決めている、ふしのんです。

レポ書く時間があまりなかったので、今週は簡潔に。

今回の行動はB2攻めとなってました。

B2へたどり着くと5同盟がひしめき合ってて大変なことに。

そして突入準備してる間にエラー落ちする私・・・。(19:58)

少し出遅れたらWP詰まってましたT-T


B2は防衛スタートだったようで、1vs4の争いに。

守りきるのは厳しいでしょうが、この中からどこが抜け出すのかがポイント。

で、最初に落城させたのは麒麟同盟でした。

そしてその落城からラインを引くまでの手際がとてもよかったようで

他の勢力が来る頃にはきれいに完成していたようです。

落城させるときには、この辺の準備も済んでいたのでしょうね。

ここからふわから∮艦長同盟stoic神族同盟、うちの3同盟が攻めに。

しかし1,2回の突入で他同盟の方々は撤退されたようで、1vs1になりました。

エンペルームにいる麒麟同盟の人数は70人ちょっとだったでしょうか。

WP付近にいるアサクロと後衛の人数がすさまじく多いと思いました。

突入するも、痛いの何の・・・。

これでMBr無し?というのだから、いたらと思うとぞっとします。

この後も進展が見られないようでしたので、転戦となりました。



転戦先はBAR同盟が攻めていたB4へ。

ちょうど落城したところだったので、攻めにいってみましたが放棄でした、残念。

・・・ここで行く宛がなくなってしまい、困りました。

悩んだ結果、ふわから∮艦長同盟TAGH同盟が攻防しているB3を攻めてみることに。

が、こちらが到着したときにstoic神族同盟の方々も来たようでB2のような入り乱れた状態に・・。

行き先がどこも同じになってしまうのは、今のTyrでは仕方のないことでしょうか・・・。

結局、邪魔しに行っただけになったようで、いろんな方々ご迷惑かけました m(_ _)m



その後はB4を防衛しながら、制圧されていたV3のIt'sへにゃくろりん同盟を攻めることに。

時間まで攻めてみましたが、ヒットストップのしっかり効いた防衛に侵攻はままならず。

そのまま終了となりました。



感想

防衛は来る勢力すべてを相手にするしかないので考えることなかったのですが

攻城の際は、攻め被りも考慮しつつ、防衛勢力の規模も考えつつ・・・となると

行き先の選択肢を絞るのがとても悩ましいです・・・。

攻めるときは宣戦布告などするほうが、思い切りやりあえるのかなぁと思いました。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://muuju.blog9.fc2.com/tb.php/68-b35a6500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ふしのん

  • Author:ふしのん
  • ROはTyr → Alvitrサーバで活動中。
    ROには関係ない企画もたまにしてます。



カウンター



ブログにGoogleマップ


    ブログにGoogleマップ



Twitter

 



MyMiniCity(クリック用)

1クリックで救える命がある(謎
ふしのんシティを発展させる
 ・交通発展用
 ・工業発展用



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ROコンテンツについて

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2005 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2005 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。